奈良で立春迎えました

b0123372_14051732.jpg

春の到来を奈良で感じたくて

奈良を訪れてきました。


2月3日の節分の日に奈良県興福寺の追儺会(ついなえ)、

春日大社の節分万燈籠の幻想的な節分の風景を見ることができました。


そして2月4日、立春。

2月4日は二十四節気では『立春』。
暦の上では春が始まる日です。


七十二候では第1候「東風解凍」はるかぜこおりをとく、ころ。
その名の通り、東から吹く春の風が凍った土を解かす、という意味です。


春、なんて喜ばしいひびきに満ちた言葉でしょう。
春が来るのをずっと待っていました。


ここから動いてゆこう

今、そんな気持ちです。


また、美しい日本の四季を一巡する旅が始まりました。

旧暦ではこれからお正月を迎えますし、
期待に胸を弾ませて、今年も良い年になりますように。


奈良旅日記は続く。

b0123372_14051827.jpg

この時期だけにつくられる、奈良の歴史菓子。
東大寺二月堂に飾られる椿の造花を形どった
「糊こぼし」。


b0123372_14052018.jpg

b0123372_14052111.jpg
可愛らしい椿、新薬師寺に向かう途中に見つけました。
  

b0123372_14052336.jpg
萬々堂通則さんの糊こぼしのお菓子



今週の魔法のラジオでは石川県奥能登の「あえのこと」をご紹介しました。

夫婦神である田の神様はどんな神様なんでしょう。
ご主人がおもてなしする様子にも心が温かくなります。
田の神さまと相撲も取るなんて、なんだか楽しそうですよね。

昔の人は、大変身近に神様を感じることができたのでしょうね。
羨ましい気がします。


私も神様を近くに感じ、自然の神秘に身を寄せて暮らしていきたい、そんな想いです。

2月4日(日)放送の魔法のラジオ、引き続きradikoタイムフリーでお楽しみくださいね。


[PR]
by miho_yokota | 2018-02-05 14:04 | 徒然日記 | Comments(0)

フルーティスト横田美穂 まるで歌うたいのようなフルートの音楽!ニッポン放送『魔法のラジオ』毎週(日)5:06~


by フルーティスト横田美穂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31